本文へスキップ

アールエフ・テクノロジー株式会社はRFIDコンサルタントと金属対応、耐熱等の特殊ICタグの開発と販売を専門とする会社です。

TEL. 048-699-9062

〒330-0071 埼玉県さいたま市浦和区上木崎2-7-27フォーサイトパークス123

会社方針CONCEPT

会社方針

 私たちは、確かな技術と自由な発想でRFID(Radio Frequency Identification)の事業を展開し、新しいRFIDソリューションを提案します。そして「人と社会と地球ために」という企業理念のもと、事業活動を通じて持続的発展が可能な社会の実現に貢献します。


代表取締役メッセージ & 略歴

CEO

[メッセージ]
 自動認識技術(RFIDシステム、非接触ICカード、バーコード等)を利用する世界中のみなさんから常に信頼されるベストパートナーであり続けたいと思います。特にRFIDの開発、販売は私の前職の経験を生かし、お客様のニーズに的確に、スピーディーに応え、より高いクオリティで製品、技術を提供します。また少量のニーズに対応します。

 「人と社会と地球のために」
 私たちはよりゆたかな社会づくりに貢献します。

[代表取締役略歴]
 九州大学工学部卒業後、国立大学工学部助手、および製造メーカ2社を経て1990年、三菱マテリアル株式会社入社。総合研究所、開発本部企画開発部、RFID事業センター等を経て、2005年4月より電子材料事業カンパニー 上席技術主幹。総合研究所では、三菱マテリアルで販売していた金属対応ICタグおよびこれに使用されている素材(磁性粉末&磁性シート)の開発、量産等に従事した。2000年 RFID事業を立ち上げた。
 2007年5月 三菱マテリアル株式会社退職。
 2007年10月アールエフ・テクノロジー株式会社設立。

 2011年3月 工学博士(九州大学大学院総合理工学府/テーマ:金属体上で作動するICタグの構成法とその作動距離に関 する研究)

[専門]
 ・RFID全般特に金属対応、耐熱等の耐環境性ICタグ
 ・情報システム全般
 ・電磁応用工学全般/磁性材料とくに軟磁性材料およびこれを応用した磁気シールド
 ・化学工学全般/磁性粉末生産、貴金属粉末生産、導電ペースト生産技術

[出願特許]
  154件(三菱マテリアル時/海外特許含む(内登録済み31件))

[所属団体]
 ・JAISA((社)日本自動認識システム協会):元RFID部会副部会長
 ・元JAISA システム大賞審査委員、元展示会委員
 ・日本電気学会会員
 ・日本磁気学会会員

[掲載された書籍名、発行元等/抜粋]
 ・RFIDの最新動向と新素材を使用した応用事例」(早稲田大学アジア太平洋研究センターネオロジスティクス共同
  研究会第4クール報告書)「2007年3月」
 ・「RFタグを金属に貼り付ける技術」(RFタグの開発技術)シーエムシー出版2007年11月発刊共著 
 ・J.Magn.Soc.Jpn.,33,15-20(2009)「金属体上で作動させるICタグに用いる高透磁率コンポジットシート材の作製
  とその特性」(共著)
 ・J.Magn.Soc.Jpn.,33,414-420(2009)「偏平ソレノイドコイルを用いた金属体上で動作するICタグの構
  成法とその作動距離」(共著)


会社沿革

2007年10月
アールエフ・テクノロジー株式会社設立。
2007年12月
RFID関連コンサルタント事業開始。
2008年3月
13.56MHz帯スティックタグ3φ×12mm,4φ×18mm販売開始。
2009年2月
大手家電メーカ様に3φスティックタグ納入開始。
2010年2月
21φボルト内蔵耐熱防水タグ,大手重電メーカの関連会社様に納入
2010年4月
UHF帯金属対応耐熱タグ販売開始。
2011年3月
金属内埋め込み型スティックタグ開発開始。
2012年5月
金属埋込型 3φ×5mmICタグ(13,56MHz)開発、販売開始。
2013年5月
小型UHF帯金属対応ICタグの販売を開始。
2014年4月
UHF帯金属対応耐熱タグ販売開始
2015年2月
13.56MHz5.5□基板管理用超小型パッケージタグ開発・販売開始
2016年2月
印刷用トナーメーカにトナー管理用ラベル状ICタグ販売開始。継続販売。
2016年5月
大手カメラレンズメーカ様の関連会社にガラス加工管理用ラベル状ICタグ販売。継続販売。
       

バナースペース

アールエフ・テクノロジー株式会社

〒330-0071
埼玉県さいたま市浦和区上木崎2-7-27フォーサイトパークス123

TEL 048-699-9062
FAX 048-699-8869